2012年04月10日

低気圧と体の関係

今日は暖かい1日でした。
自然に体が汗ばんでくるようでした。
明日はまた荒れ模様の天気になりそうです。雨

よく低気圧が迫ると関節痛や神経痛が出ると言います。
原因は定かでないのですが、
気圧の変化が人間の体に影響を与えるようです。

整体の考えから言うと気圧が下がると
全身の気の廻りが悪くなります。
特に関節部分で気が滞る。
そうすると関節に熱がこもるのです。
それで関節が腫れたり痛みが出たりする。
神経は経絡という気の通り道と一致している部分が多い。
経絡上で気の滞りが起こり神経痛が起こる。

人間の体も自然の1部ですから
自然現象の影響を受けても当然ですよね。
低気圧だけでなく地震や火山などの地価変動の影響
なんてのもあるかもしれません。
posted by ケンゴロー at 18:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。