2013年02月19日

下肢(足)の調律点について

大分、間が空いてしまいましたが、

今回は下肢(足)の調律点について語ります。
下肢の調律点は良く効くので「秘伝」なのだそうです。
ですから、何番という番号が付いていませんし、
野口先生の著書にもあまり詳しく出ていません。
ですから、このブログを見た人はお得です。

大腿部外側の3点・・・大転子の少し下の点から中央と外側上顆の
           少し上の点の3点。1番上の点は頭方へ、
          中央の点は斜め上方へ、1番下の点は真上
          へ押さえる。
      (効能)腸の調整、消化器を収縮させる。弛んだ
          体を引き締める。1番下の点は生殖器系。

大腿部内側の3点・・・内転筋のすじ上で、股のつけ根の下の点、
(内股)      中央の点、膝にやや近い点の3点。
          内転筋のすじを両拇指で弾くように押す。
      (効能)左側は泌尿器の調整。右側はリンパ系、
          特に盲腸と関係があり、虫垂炎のときは
          右の内股が硬くなる。
大腿部後側の3点・・・半腱様筋と大腿二頭筋の境の溝にあり、
          この線上に座骨の下の点と中央の点と
          膝窩の中央(委中)の点の3点。
      (効能)この下を座骨神経が通っており、座骨神
          経痛の急所であり、下肢痛など下肢の疾
          患に使う。また、呼吸器の調整に使う。
          膝窩中央点は生殖器に関係する。 

下腿部外側の3点・・・前脛骨筋上で脛骨の出っ張りの外側の点
          と筋肉の1番高まりの点とその下方の点。                             
      (効能)消化器の調整。腸に溜まったガスを抜く。
          鼓腸を治す。また、足の疲れを取る。

下腿部内側の3点・・・脛骨の内側のヒラメ筋の付着部を上方
          から3点を4指で押圧する。相手は、
          飛び上がるほど痛がる。
      (効能)肝臓の調整点。腫れた肝臓を収縮させる。

足首背側の点・・・・足首の背側に内側のすじと外側のすじがある。
      (効能)内側のすじは消化器系、外側のすじは泌尿
          器、生殖器系に関連している。

大敦・・・・・・・足の拇趾内側爪甲根部に取る。ここを拇指で
         押さえて引っ張る。
     (効能)食べ過ぎ、肝臓の疲れ。

冷えの急所・・・・足の第3中足骨と第4中足骨の間。
     (効能)体が冷えているとこの2つの骨が狭まる。
         狭まっている骨を広げるように愉気する。

踵の内側の点・・・内踝の斜め下方で踵骨のへこんだ処。ここを
         引き出すように押さえる。
     (効能)生殖器系に関係する。

posted by ケンゴロー at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。