2016年09月23日

体幹前面の調律点part2

今回は体幹前面の調律点の続きです。

側腹や恥骨(操法)は整体操法でもよく使う点で、
重要なポイントです。

側腹・・・・外腹斜筋の外側。腰と関係がある。
      腰痛で痛い側の側腹の筋肉が緊張し、厚くなっている。
      ここをつまんで外側に引っ張って放すと弛む。
      両側が硬い場合は、かなり腰の筋肉が強張っ
      ていることを示す。

鼡径部・・・ここは骨盤と関係している。
      骨盤操法をする時、ここを先に弛める。また、腰椎とも関係が
      あり、上前腸骨棘の内側から恥骨の付着部まで、
      上から腰椎5,4,3,2,1番と関連している。
      ですから、鼡径部のどのあたりに圧痛があるかで、
      腰椎何番に異常があるか予測がつく。

恥骨操法・・・ここは発案者の名前を取って、別名「野中活点」ともいう。
       場所は恥骨の外側上縁で、術者は四指で押さえて、相手が痛みを感じたら、
       ポッと抜く。左右両方を一回ずつ行う。
       一人でやる方法もあり、一人では左右どちらかで、
       痛い側の恥骨の外側上縁を両手指で押さえ、息を吐きながら腰を持ち上げて、
       痛みが頂点に来た時、腰をボトンと落とす。
  (効能)「皮膚病一切奇妙」という名前が付いており、
       皮膚に関するすべての疾患に適応する。
       特に水虫に対する効果が顕著で、これで整体操法に組み込まれたと言われている。
posted by ケンゴロー at 17:10| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。