2012年10月29日

愉気の効用

先回まで「愉気」について説明してきました。
野口整体は愉気が出来ることが大前提になります。
すなわち愉気が分からなければ野口整体も分からない。
と言えるのです。

しかしながら何故、愉気が必要なのか?
野口整体でも指圧のように指で押圧しますが、
指で押して愉気をすると押している個所の深部が弛む。
ただ力でぎゅうぎゅう押すのとは違う感覚が得られる。
それは施術をしている方も受けている側も感じられます。

押して痛みを感ずるのを「圧痛」と言いますが、
しばらく押しているとこの圧痛が消失します。
押している個所が弛むののが感じられると痛みも消えます。
ですから施術者側で痛いのが取れたのが分かるわけです。
これが指で押しているだけではなかなか分からないのです。

愉気は自分の指の感覚(指頭感覚)も鋭敏にし、
相手の体も鋭敏にしてくれます。
指圧などで強く押されているとその刺激に慣れてしまい、
段々強く押されないと感じなくなって行きます。
愉気では逆で段々感覚が鋭くなってきます。

ですから悪い個所を的確に感じられるようになる。
一般の方には分かり難いかも知れませんが、
悪い個所を的確に感じられるようになれば、
ほとんどの異常は治ります。
愉気にはそんな働きがあります。
手(パー)
posted by ケンゴロー at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

にほんブログ村
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。