2012年11月26日

上肢調律点について

今回は上肢(肩から先)の調律点について語ります。
上肢の調律点は押さえる時の型がありますので、文章で伝えるのは難しいですが、
場所と効能は伝わると思います。
上肢調律点は7ヶ所存在しますが、今回は第四まで説明します。

上肢第一調律点・・・手掌の中央の窪んだ処。東洋医学でいう労宮というツボに当たる。
      
      (効能)鎮心の急所といわれる。心を鎮め、焦りや不安を解消する効果がある。
          心臓にも関係しており、不整脈や心悸亢進にも効果がある。

上肢第二調律点・・・拇指と示指の間の水かきの中央部。合谷というツボに当たる。
      
      (効能)面疔や顔の吹き出物、ニキビに効果がある。
          また、やや示指側は消化器の状態を表わし、
          ここが腫れぼったいときは食べ過ぎである。さらに中央の奥側は、
          心臓の状態を表わす。また、脳の血管の状態も反映し、ここが力なく
          痩せ細っているときは、脳卒中など脳血管に問題があることを示す。

上肢第三調律点・・・手首背側の中央点。陽地というツボに当たる。
      
      (効能)生殖器と関連があり、子宮後屈症や生理痛などに効果がある。
          手首が硬くなると、強情になり話が通じになる。
          手首の捻挫や腱鞘炎のときに、手首の関節の矯正をするときにここを使う。
          
上肢第四調律点・・・前腕の拇指側で、肘を曲げた時にできる線から指三本前の処。
          手の三里というツボに当たる。
       
      
      (効能)消化器系、特に腸と関係があり、お腹にガスが溜まったのを抜く時に用いる。
        また、糖尿病の患者にこの点を刺激すると、血糖値が下がることも実証される。
posted by ケンゴロー at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

にほんブログ村
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。